So-net無料ブログ作成
検索選択

ファミリーレールフェア2016 [私鉄]

DPP_3611.JPG
京阪寝屋川車庫にて行われた、ファミリーレールフェアに行って来ました・・・前回の続きです・・・

阪和線撮影後、205系、201系と国鉄型を乗り継いで、おなじみの串カツ屋がある京橋までやってきました・・・

京橋からは7200系の快速急行に乗って、豪快に複々線区間を飛ばしています・・・10分程で複々線区間も終わり、寝屋川車庫が見えました・・・

一時期、京阪の撮影にハマっていたこともあり、京阪本線の様々な駅に折りましたが、寝屋川市駅は初めての下車です・・・

駅から線路沿いに歩くこと15分・・・車庫の正門に到着です・・・
DPP_3618.JPG
正門に設置されたバルーンゲートをくぐり、場内に入ります・・・予報では朝のみ晴れで午前中から曇る予報でしたが、気持ちのいい青空が広がっていました・・・
DPP_3617.JPG
通路を進むと台車と1800系の電話ボックスが展示されています・・・

こちらはKS-68台車です・・・
今の様に標準仕様の車両があるわけでもなく、各社、開発に力を入れていた頃の遺産ですね・・・
常時展示できるように、博物館でもあればいいのですが、各社そこまでの余裕はないのでしょうか・・・関西の大手では南海さんぐらいですかね・・・
DPP_3610.JPG
まずは留置線に展示されている車両を見に・・・びわこ号です・・・
車内にも立ち入れました・・・京津線ならまだしも、この小さな車体で本線を走っていたとは驚きです・・・
DPP_3609.JPG
びわこ号の後ろには、寝屋川車庫で今なお現役、入れ替え車の70系型が留められていました・・・

緑色のイメージの強い、京阪において青色の車体は新鮮さがあります・・・
DPP_3615.JPG
留置線を振り返り、本線側を見ると、車体洗浄の体験が行われていました・・・

車体洗浄を終えた直後をパチリ・・・
思い描いたカットではなかったので、復路にて、再チャレンジしようと考えましたが、復路は洗車なし・・・
せっかくなら、行えばいいのに・・・
DPP_3612.JPG
工場建屋内に入ります・・・場内には編成が分割された車両が・・・

入れ替え表示灯のついた中間運転台付きの妻面は長編成ならでは・・・こんな時でしか、見られない一枚です・・・
DPP_3614.JPG
続いて、どこの工場公開でも一番人気の、車体吊り・・・この日は1000系でした・・・

この車体を吊っている天井クレーンのメーカーさんと去年から仕事をしているのですが、いい話の種が出来ました・・・

天井クレーンの色も青色と近代的・・・建屋内も非常に明るく、綺麗で私の工場とは・・・
DPP_3613.JPG
現在、京阪で話題になっているのは8000系のプレミアムカーでしょう・・・モノコックが展示されていました・・・

価格にもよると思いますが、京阪間に座席指定は必要なんでしょうか・・・
平行する東海道線には国鉄時代グリーン車が連結されていましたが、座席を転換クロスシートへグレードアップすることに伴い、廃止・・・
合理的な関西の人には、別料金を支払う局所的なグレードアップより、平均値を上げた方が乗車率の向上につながる考え方はある意味、賢いです・・・

途中駅乗車で座れない人がグリーン車を利用するのは当たり前の風景ですが、京阪で目立つ途中駅は京橋くらい・・・それ以外の特急停車駅(たとえば樟葉とか)から乗ると、立ったままでも我慢できる気がしますが・・・
DPP_3616.JPG
社員食堂へ・・・食堂内には工場の模型や鳩マークが展示されていました・・・

中々食堂の展示物にお金をかける工場は、あまり多くないので新鮮でした・・・
image.jpeg
食べた、天ぷらそばを・・・関西なのでうどんにすれば良かったです・・・

普段からこの天ぷらなのでしょうか・・・それともイベント限定なのか・・・
ちなみに広島にある有名な会社の社員食堂の天ぷらそばは、常時この天ぷらでした・・・
DPP_3619.JPG
お腹も満たし、写真もいっぱい撮影出来たので退却です・・・
淀まで準急(各駅停車ですが)で移動して、京都競馬場からバスで山崎駅へ移動・・・いつものガソリン補給です・・・
私、京阪バスはこの路線しか乗ったことありません・・・他に、京阪とJRを結ぶ、いい感じの路線はあるのでしょうか・・・
nice!(45)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 45

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: