So-net無料ブログ作成
検索選択

銀晴れ 【飯山色復活!友情の列車を追い求めて①】 [キハ110系]

DPP_3909.JPG
【3/12 132D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
雪晴れの気持ちのいい1日でした・・・13日に485系の廃車回送が行われるとの情報得ました・・・大好きな485系なので、お別れを兼ねて遠出することに・・・

車で追いかけてくれば・・・なんて考えましたが、開幕前まで残りわずか・・・シーズンオフのこの時期は、なるべく出費を抑えたいところ・・・
という訳で、普通列車で旅をしてきました・・・

13日に新潟に向かったのでは撮影地が限られてしまう為、日曜日はどこかで撮影をして、長岡に宿泊して撮影に入ろうと考えると、西は大糸線、東は只見線あたりが適しています・・・

どこがいいかななんて、考えていると、10日長野工場から1両の車両が出場・・・それが、こちら・・・
DPP_3921.JPG
【3/12 十日町にて】
飯山色に塗装されたキハ110-231です・・・7月から行わる信州デスティネーションキャンペーンの一環で、懐かしい色が復活しました・・・

キハ52やゴッパニッパに塗られていた飯山線を代表する青色・・・サイドには「VOITURE AMITIE'」フランス語で友情の列車と大胆に描かれた塗装です・・・

地域オリジナルの塗装が復活する例は多々ありますが、ここまで複雑な地域塗装が復活するのは久しぶりです・・・
これは綺麗な内に撮影しておかなくてはと考え、飯山線を撮影候補に決定しました・・・

中津川駅を下り始発列車に乗って、塩尻へ・・・塩尻からは快速運転しない快速「みすず」に乗って、長野へ向かいます・・・
5.jpeg
【3/12 みすず車内にて】
松本を発車し、梓側と並走する区間まで来ると、北アルプスが綺麗に見えました・・・珍しくて思わず写真を撮ってしまいましたが、中津川から3時間、高速使えば2時間で来られます・・・感覚的に遠い場所だと思っていましたが、結構近いもんです・・・機会があれば、田植えの時期にムーンライト信州でも撮影に来たいです・・・
4.jpeg
【3/12 みすず車内にて】
途中姨捨では名物のスイッチバックを体験・・・てっきり運転台を車掌さんと交換してからバックするものだと思いきや、そのまま横の窓から顔を出してバックし始めました・・・

マスコン、ブレーキには目もくれず、操作するのはさすがプロです・・・
2.jpeg
【3/12 132D 飯山駅にて】
中津川を出て4時間・・・無事に長野に到着しました・・・ここからは1駅だけ新幹線に乗車・・・

10分程で飯山に到着です・・・

飯山線の中でも本数が多い、豊野~戸狩野沢温泉区間でも1本/1時間程・・・撮影機会を稼ぐためにも、撮影路線の移動はなるべく列車を避けたいところです・・・

そこで飯山駅と戸狩野沢温泉駅を結ぶ長電バスに乗車・・・飯山線が遅いのか、バスが早いのか・・・移動時間は20分差程度です・・・

ちなみに、飯山駅から信州中野方面にもバスが出ているのですが、こちらは線路から1km離れた道路を走るので、撮影に使用するのは向いていません・・・
DPP_3918.JPG
【3/12 131D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
バスに揺られること20分・・・平バス停にて下車・・・結局、飯山駅から下車するまでバスは私の貸し切りでした・・・

バス停から戸狩野沢温泉方向に15分程歩くと、平原の中にぽつんと踏切が現れます・・・

ここが目的の撮影地・・・カメラをバックから取り出すと、踏切が鳴動し、列車がやってきました・・・

長野で、新幹線ではなく、飯山線で移動を考えると、この列車に乗るはずでした・・・
1.jpeg
【3/12 幻のラーメン ときわやにて】
まだ到着したばかりですが、ここで1時間半列車が来ないので、お昼ごはんに・・・

先ほど撮影した踏切から歩くこと10分・・・「ときわや」さんにある幻のラーメンをいただきました・・・
醤油ベースのあっさりとしたラーメンに身も心も温まりました・・・

餃子もいただき、お腹も一杯・・・
DPP_3889.JPG
【3/12 136D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
信濃平~戸狩野沢温泉区間は南北方向に線路が伸びている為、終日上り列車に対しては光線が順光になります・・・つまり、午前中とは線路の反対側で違った風景で撮影が出来ます・・・さらに言うと、大きく動くことなく撮影が続けられるのです・・・

飯山色の運用をつかめていなかった私は、この場所で粘ることで、飯山色に遭遇しようと考えました・・・
この区間は区間運転あり、車庫が長野にあるので、給油と同時に車両の入れ替わりが行われます・・・
入れ替わりが激しければ、遭遇する確率もあがります・・・

はたして遭遇出来るのか・・・
DPP_3911.JPG
【3/12 136D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
こちらはサブカメ・・・少しワイドに・・・

それにしてもやってくるのは、キハ111・112ばかり・・・

狙いは両運転台のキハ110なのですが、なかなかやってきません・・・ひょっとして、両運転台のキハ110は日中走らないのでは・・・
DPP_3923.JPG
【3/12 9163D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
なんて考え始めた頃、おいこっとがやってきました・・・

このあたりの土地勘が全くないのですが、後ろの山は城山かな・・・
DPP_3887.JPG
【3/12 9166D 戸狩野沢温泉~信濃平にて】
おいこっとは戸狩野沢温泉ですぐに折り返し・・・
冬の時期は十日町まで行かず、長野から戸狩野沢温泉間にて2往復します・・・

つまり、通常と違った光線で撮影が出来る為、午後、上り列車に欲しい光線で撮影することが出来ます・・・

下り方に連結されている赤地の車体の方が、この場合、色が生えるのですが、こればっかしは・・・

こちらはの背景は雪だるま高原あたりの菱ヶ岳でしょうか・・・見当もつきません・・・

1日中撮影したので、収まりきりませんでした・・・肝心の飯山色については・・・続きます・・・
nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 47

コメント 2

あおたけ

お!キハ110に飯山色が復刻されたのですね!
むかし、この色のキハ52に乗って旅をしたので、
懐かしいです(^^)
そういえばしなの鉄道の115系でも、
旧・信州色が復刻されますね。
こちらも楽しみです。
by あおたけ (2017-04-03 11:48) 

燕っ子

あおたけさん・・・
コメントありがとうございます・・・
私にとっての飯山色はキハ58の前にスキーを持った乗客が並んだ写真がJTB時刻表の表紙を飾り、この時の印象が強いです・・・

しなの鉄道も残り2本どんな色が出てくるのか楽しみですね・・・沿線に縁のある塗装と言えば、青と赤の旧新潟色、コカコーラあたりでしょうか(笑)・・・
まぁ無難に横須賀色と湘南色になりそうですが・・・
by 燕っ子 (2017-04-04 11:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0